読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんにち。

ヨーグレットのお話。

寒暖差。

い、胃が痛い。。

仕事で失敗すると胃が痛くなるわけです。

年をとりましたヨーグレットです。

 

最近は松江で飲みに行ったり、

BF1やったり、BF1やったり、

BF1やったりしてます。

 

初のFPSでえっちらおっちらやってるわけですが、

年始ごろから色々な人に助けられながら

突撃兵ヘルリーを続けてるわけですが、

ようやくK/Dが1を上回る試合が増えてきました。

と同時に、時々20キルを超えることが

出来るようになってきました。拍手!

いえーい。

 

 

最初2キル18デスとかだったんだけど

たぶん500倍くらい上達してるね。これね。

 

 

やっぱり人間ですから上達が実感できると

面白いもんでやり続けるんですけど、

その中で僕の特徴というか特性というか

わからないですけど癖というかなんというか

「一回始めたことをやめない」

ということについては得意なのかもなんて。

 

 

思えば仕事や部活や昔だと習い事について、

フェードアウトしたことはほとんどなかったりして、

ああ意外と自分にも強みというか習慣というか

あるもんだなあなんて思ったりしてみたりして。

 

 

逆に言えば自分が出来ることにしか

興味がなかったりするのかもなあとか。

仕事でも知らないことについては敬遠しちゃって

納期ギリギリまで触らなかったり、

逆に既知なことはすごく早くやっつけたり、

なんかそういう性分みたいなのが各人にはあって、

それがかみ合う仕事がいわゆる天職なのかな

なんて適当に言ってますけど、

間違いなくコミュ症な私に営業職は天職とは程遠くて

でもなんとか今年で丸3年になりますけど、

ちょっとうまく喋れたりものが売れたりすると

若干でも嬉しかったりして。

 

 

そうすると今更ながら感じるのが

格ゲーで言うところの

「とりあえず1000試合」的な。

使用キャラを変えたときなんかに

使ったり使わなかったりしますけど、

思考停止していてもわからないことが多いときは

とりあえず使ってみる、触ってみる的な。

まずは行ってみるとかやってみるとか、

そういうのが大事なのかなと思ったり、

思わなかったり、

することがたまにあるんですけど、

よっくわかんなくなってきたし、

そろそろ仕事しよ。

おさしみなさい。